今週はドゥレムばかりやってました。

今週はまだ達成した動画のない弓ソロ討伐やるんだー(「・ω・)「
って意気込んで達成して
やったー!!って動画上げたら
すでにプロハン様が私よりタイムの早い、素晴らしい動画をアップされていて・・・

一発ネタ、検証、縛りプレイ、韋駄天などを除いて
基本的に既存の動画よりも遅いものは上げないというマイルールがあるので
アップした動画は非公開にしてしまいました(*´д`)o


というわけで既存動画よりも早いのを撮り直してきたよ(*´Д`)ノ '`ァ'`ァ
音ズレごめんなさい!

タイムを縮めるために色々と試行錯誤したのですが
以前コメントを頂いたように、やはり火事場なら爆裂曲射、曲射なら大秘伝が強いということで
絶望なしの地獄の毒沼リタマラ大会!!!

曲射した瞬間やダイブした先の毒沼などは絶対回避できないですね
それはいいとしても気をつければ回避できる毒沼にひっかかったり
毒沼を避けるために位置取りが少し変わってドゥレムの攻撃を受けてしまったりと
PSの無さが痛感されました・・・

無乙で何度か倒せたのですが
結果的に1乙のものが早かったのでこれをあげておきます。
被弾した動画は上げないというのもマイルールだったのですが、そちらは反故にしますw
私のゴミPSとG7の装備ではこれ以上は無理でした(@´,,・ω・,,`@)

おまけ術と武器術小を付けているのですが
暴れにすれば10射ほど縮まると思うので
12ラスタくらいはいけそう。
また気が向いたらリベンジしますw

ドゥレム大好きなので飽きないです( ´艸`)
はっきりとターン制でドゥレムの一行動に対して一射返すのを基本にして
時々2射ねじ込んでいく感じでやりました
でも同じ行動でもほんの少しのタイミングが遅れるだけで2射すると乙るという・・・

果敢に攻めると被弾して、安全にいけば安定する、、、そのあたりのバランスがすごく良いモンスですよね
気を抜ける瞬間もないかわりに、理不尽な攻撃もない
毒沼以外(´・ω・`)


ライトとかヘヴィでもやりたいけどね・・・弾足りるのかなぁ
ドゥレムは練習しにくい上に初見殺しの攻撃が多いです。以前も攻撃まとめを書いたけど、長過ぎて自分でも読む気になれない。初見さんがこれだけ守ればとりあえず討伐できるはず、というのを『できるだけ』短くまとめました。これ以上短くはできません。慣れた人、ソロやTAする人向きではありません。



・穿龍棍以外で行く
穿龍棍でドゥレム出来るのはかなり慣れて、後方噴出を回避出来る人です。穿龍棍しか装備がないからといって穿龍棍でいくのはやめましょう。秘伝珠がなくても構わないので、まずは死なない事を目指しましょう。個人的にはハンマーや大剣や双剣が良いと思います。好きな武器で行くっていうのも一つの考え方だけど、ソロか身内にしておきましょう。

・歌姫聴く
簡単に出来るので必ず。

・タワースキルの耐壊毒LV1は必ず付ける
何度も書いているのですが、毒にならないわけではありません。被弾して毒状態になってから、毒ダメージが入るまでの時間が長くなるだけです。LV1だとドゥレムの1行動を見てから特効薬飲んでも間に合います。場合によっては2,3行動見ないと飲む暇がないかもしれないので、耐壊毒のLVも高いに越したことはないです。

・脅威への抵抗のレベルをできるだけ上げる
最初は死なない事が大切。攻撃よりも防御に振りましょう。

・基本的には他のメンバーを救出しない
PTメンバーが乙っても、絶対に安全な状況でしか救出してはいけません。自分も死んだら被害が倍になります。ドゥレムの行動をよく理解してる人が、安全を確認した時だけ救出しましょう。気付け玉のみ。気付け薬は危ないので使ってはいけません。気付け薬使うのは、救出が早くなるスキルを上げきっている人のみ。

・ギリギリまで復活しない
救出されても乙っても、絶対に安全な状況でしか復活してはいけません。安全かどうか判断できない人は、ギリギリまで寝てましょう。

・ドゥレムから離れない
離れると余計に危険です。怖い時は納刀して、ドゥレムの振り向きに合わせて前脚どちらかの外側(要するに斜め前)に少し離れて位置取りましょう。そこで捌けない攻撃はありません。危ない時は迷わずダイブ。離れると回避できない攻撃があり、遠くに移動する攻撃を誘発すると討伐が遅れます。

・2連咆哮
開幕のやつ。左右の前脚が着地する少し前それぞれにコロリンすればOK。開幕以外でも部屋が完全に凍り付いてる時にやってきます。開幕以外だと次が突進になるので、納刀して備えましょう。

・脚から氷を出してタメたらイナガミ咆哮
イナガミの部位破壊後の咆哮に似たやつ。身を起こして、体が止まった直後にコロリンすればOK。必ず突進に派生するので、納刀して備えましょう。

・連続突進
覚醒前は3連続、覚醒後は4連続。これを回避できるかどうかがPT戦の成否を分けます。誰も被弾しなければ突進後は隙だらけになるので、初心者でもここでダメージを稼ぐことができます。誰かが被弾するとこの隙がなくなってしまいます。

基本的には上記の2連咆哮とイナガミ咆哮後にしかやってこないので、それを見たら『前もって攻撃をやめて納刀すること』。そして『壁際から離れ広い所に出ること』。そして『PTメンバーからお互いに離れること』。連続突進後だけ攻撃すればOKくらいの気持ちで。ドゥレムの振り向きと同じ方向に走ってしまって、当たりそうな場合はダイブ。ダイブしても次の突進に間に合う時があります。

・覚醒後の毒は5回までしか被弾できない
特効薬が5個しか持てないからです。被弾したら回復すればいいや、という突撃スタイルは絶対に通用しません。攻撃より回避。

・覚醒後、毒を吸い上げ、その場で軽くジャンプしたら極太ブレス
ブレスに当たったら絶対に死にます。毒吸い上げモーション→ジャンプを見たら、ドゥレムの影の少しだけ外側にコロリンしましょう。ドゥレムの口元にはダメージ判定がないので、ブレス正面でも十分に近付いていれば被弾しません。ただし本体にもダメージ判定があるので、真下に入ると押しつぶされます。離れていたらダイブしかありません。つまり抜刀状態で離れてはいけません。両前脚を引き抜くまでにかなりの隙ができます。

・覚醒後、上をみて長くタメたら特大メテオ
部屋の中央から特大メテオが降ってくるので、必ず納刀ダイブ。

・攻撃するのは次の攻撃後に絞る
ドゥレムの軸合わせが終わる前に攻撃をやめること。自信がなければ軸合わせ前に納刀しておくこと。倒すだけなら以下の6行動後のみで充分間に合います。

① 連続突進後のハアハア
ただしハアハアの後にノーモーションで極短飛びかかりする事が多いので、壁ズレも考慮して、巻き込まれないように。
② 極太ブレス後
思ったより隙が長い。両前脚を引き抜くまで攻撃できる。ただし本体のダメージ判定や後方噴出もあるので、密着しないように。
③ 回り込み→往復薙ぎ払いブレス
早い段階で距離を詰められたら。
④ 滞空ブレスの着地後
着地にダメージ判定あるので滞空中の脚は無視して、着地後に絞る方が良い。着地後でも何発かは入れられる。滞空してる場所の少し前に着地する。
⑤ ジャンプボディプレス→踏ん張り氷突き上げ
ジャンプボディプレスを近くでコロリン回避。近距離ならば氷突き上げが当たらないので攻撃し放題。
⑥ テオ風つらら落とし
予備モーションから落ちてくるまで近距離だと攻撃し放題。
もともとは予習用にプロハン動画を見てまとめたものを、実際行ってみて改良したものです。

いつも通り攻撃の捌き方は最適なものではありません。プロハン動画を見てください。

基本的にPTに迷惑をかけないためには(乙らないためには)どうしたらいいかについてまとめたものです。






基礎知識編

・ドゥレムは古龍種(古龍種特攻有効)
・アイテム持ち込み不可なのでみなもとも不可
・ブーストや狩りコのみなもと効果は有効
・歌姫効果有効 必ず歌聴きましょう
・徹底的な穿龍棍対策の施されたモンス
・状態異常攻撃はきかないがスタンはする
・覚醒までに10000ダメージ必要/覚醒後20000ダメージ必要(覚醒前に10000以上与えても覚醒時に20000まで回復)
・討伐後剥ぎ取れるがモンス素材はない






TS(タワースキル)編

・脅威への奮闘/攻撃力
火力上がります。
・脅威への抵抗/防御力
被ダメカット。狩りコと組み合わせるとかなり楽になります。でも結局、即死攻撃や多段攻撃で乙ります。
・耐壊毒
覚醒後の毒をくらうとスリップダメージと同時に防御力が0になります。耐壊毒スキルがあると、スリップダメージが入るまでに時間が稼げます。その間に特効薬飲めば大丈夫。毒にならないわけではない。普通の毒無効スキルは番人には意味なし。火事場体力で毒攻撃を受け、女神や再燃で生き残った場合、すぐに特効薬を飲んでもスリップダメージで削られて間に合わない。耐壊毒2があればドゥレムの1行動待って飲んでも間に合う。非火事場なら耐壊毒1で間に合う事が多い。

全く被弾しないならば奮闘にふればいいかと。少しでも被弾する人は抵抗と耐壊毒付けましょう。番人戦では乙らないのが一番大切。






その他準備編
⑴狩人珠スキル
・おまけ術(乙しても食事効果が残る)
・へそくり回復術(回復アイテムが減らないことがある)
・自分もメンバーも乙らないなら普通に胆力と武器術

⑵薬仙人
PTで2人以上が付けていると、誰かが回復アイテムを使用した時に、全員に効果が現れる。火事場する人がいるときに、薬仙人で秘薬はご法度。

⑶真根性/絶対防御
あっても簡単に乙れますが、ないよりはかなり楽。

⑷回避性能or激励
必須。

⑸交換アイテム
・特効薬は必須
・おまけ術付けていれば秘薬はいらない
・回復薬/回復薬Gは必須
・薬仙人PTなら粉塵はいらない
・強走薬あると楽だが交換リストに出ないことも多い(リファインで必ず出るようになった)
・気付け玉必須
・気付け薬が必要になるPTでは討伐が危うい







攻撃行動編

★が付いている部分がダメージ判定のある所です。


開幕確定行動:2連衝撃波

⑴ 冷気を吸い込み、身をよじらせて溜める(バルラガルのかまいたち打ち上げに似てる)
⑵ 右前脚着地と同時に衝撃波★(少し早め:振り下ろす脚が着く前にコロリン)
⑶ 左前脚着地と同時に衝撃波★(少し早め:振り下ろす脚が着く前にコロリン)

あたると気絶。⑶は部屋の中のどこにいてもあたる。

⑵も⑶も脚の着地を見ればコロリンすれば回避できる。

開幕以降は『部屋中が凍り付いてる時のみ』使用し、その際部屋の氷を崩壊させてくる。部屋が完全に凍り付くのは、後述の『溜め咆哮』を3回行った時。

2度目以降は連続突進に確定で派生。2度目以降は後述の溜め咆哮と同じく『部屋の中央に軸合わせ』してから行う。咆哮を被弾して気絶していても、レバガチャすれば突進をダイブ回避できます。でも激励2の気絶無効効果があった方が安全。

2連衝撃波右手
見にくいですが、これは右前脚が着地する直前。

ドゥレム凍結部屋
部屋が完全に凍り付いているのは、こういう真っ白の状態。この時のみ『2連衝撃波』をやってくる。






溜め咆哮
⑴ 『部屋の中央に』軸合わせ
⑵ 軽く両前脚をもたげ地面を叩き、短く吠える
⑶ 身を低くして踏ん張るように長めに溜め、地面には氷が広範囲に発生
⑷ 身を起こした頂点で衝撃波★(イナガミ睡眠爆発に似てる)
⑸ 着地した前脚で地割れ★
⑹ 後方に噴出ダメ★

『部屋の中央に軸合わせ』と『氷を地面に展開して溜める』のがこの攻撃の判別ポイント。

イナガミの睡眠爆発のように頭をもたげ、一旦動きを止め、頂点で少しくねらせた所が回避タイミング。一瞬動きを止めたのを見てすぐコロリン。

確定で連続突進に派生。

⑷の溜め咆哮をコロリン回避し、側面から攻撃(前脚付近は⑸の地割れで被弾する)、即納刀して連続突進に備える。いつまでも攻撃すると突進でやられる。

連続突進はかわしきれば攻撃チャンスなので、自信がなければ溜め咆哮から納刀して、回避に専念するのもあり。自信があれば、納刀せず最後まで攻撃してもいい。慣れたら突進までにそれなりに攻撃できる。

この溜め咆哮を3回やると部屋が完全に凍り付き、開幕と同じ2連衝撃波を行うようになる。おそらく部屋が完全に凍り付いている場合はこの溜め咆哮はしない。必ず2連衝撃波の方。

つまり
①開幕:2連衝撃波
②溜め咆哮×3回
③2連衝撃波(以下②と③のループ)
という流れ。これは覚醒を挟んでも変わらない。






連続突進
⑴ 溜め咆哮後、軸合わせ
⑵ 赤黒いオーラを帯びながら、後退して身構える
⑶ 連続突進★

溜め咆哮または『開幕以外の』2連衝撃波から確定で派生。稀に大メテオから派生。

覚醒前は3回連続突進、覚醒後の毒形態では4回連続突進。

連続突進の出始めは後方のダメージ判定が緩いので、自信があれば突進開始直前まで攻撃。怯ませれば突進をキャンセルできる。

ターゲットは毎回変えるので、最初狙われていなくても注意。PTでも1人が連続でタゲられることもある。

突進を被弾し『体力が残っていると』確定で追撃され根性貫通。歌姫の女神効果があれば追撃を受けても生き残れるかも。突進被弾時点で体力0ならば、そのまま連続突進を続行。

打ち上げられるので、落ちるまでに粉塵的なもの(薬仙人)で救出可能。被弾するメンバーに備えて、あらかじめ回復準備するといい。追撃されるとそこで突進は終了。

連続突進を誰も被弾しなければ、その後かなり長い隙ができる。しばらくハアハアして、一度身を伸ばすような動作をする。開眼奥義するならここ。この隙にフルボッコにしますが、必ず壁際であることに加え、ハアハアの次に極短飛びかかりをすることが多いので注意。極短飛びかかりはノーモーションな上、壁ズレで思わぬ場所で被弾することもあります。ドゥレム側面、少し離れて攻撃するとよい?

つまり連続突進を被弾することは、回復させるだけでなく大きなチャンスを潰すことになり、PTに迷惑をかける。

連続突進後に集中攻撃できるよう、最後の突進を自分に近い壁際で終わらせるようにするといい。3回か4回か判断し、数を数えましょう。

部屋の真ん中にいて、ドゥレムの突進に対して垂直にダッシュすれば安定してやり過ごせる。壁際、特に部屋の角は壁ズレや折り返しの判定残りで危険。一応正体から突進されても回避2があればコロリン可能だが安定しない。PTなら次にタゲられないことを祈ってダイブした方がいい。ソロなら最後の突進以外でダイブすると次の突進を確定で被弾するので、気合でコロリン。






振り向き猫引っ掻き
軸合わせ時に常に猫引っ掻きしてくる。判定が狭く、あまり当たらない。でも油断すると当たる。当たってもダメージは少なく、近接抵抗なら火事場でも耐えられるくらい。






後ろ脚ドスコイ→尻尾ビターン
⑴ 軸合わせなしで両前脚を軽く持ち上げる
⑵ 右後ろ脚→左後ろ脚をドスコイ(ダメなし?)
⑶ 軽く前方にジャンプして
⑷ 尻尾ビターン★(遅め)

サービス行動。最後の尻尾は回避遅め。尻尾の先から氷柱ができるので、ドゥレムの身体に対して縦方向に回避すると引っかかる。横方向に退避した方が良さそう。尻尾の付近は判定長く危険。予備動作を見たら、ドゥレムが元いた場所の後ろ脚よりも前側に移動すれば問題ない。






尻尾突き刺し→尻尾薙ぎ払い
⑴ 軸合わせ
⑵ 尻尾を左後脚の後方の地面に突き刺す★
⑶ 反時計回りに210°尻尾薙ぎ払い★
⑷ 氷塊形成★

軸合わせ後に判別する間も無く尻尾を突き刺してくる。左後ろ脚より後ろには位置取らない方がいい。

ドゥレムと近くで対面している場合、尻尾突き刺しを見たら向かって右、尻尾の刺さった所に向かって移動すれば位置どりで避けられる。腹下に入ってしまってもいいかも。向かって左側に回避すると回転した尻尾に当たる。

ある程度離れている場合、対面して向かって右は大きな氷塊に襲われ危険。向かって左側は尻尾薙ぎ払いの外側であれば安全。






回り込みブレス
⑴ 軸合わせあり
⑵ 半歩後退する(右前脚後ろに)
⑶ 右前脚の前方に反時計回りに反転ジャンプ★
⑷ 単発ブレスor往復薙ぎ払いブレス★

長く溜めて遠くまで回り込んだときは往復ブレス、近い時は単発ブレス。

ジャンプして回り込む際の尻尾のうねりにダメージ判定あり。本体にはない?少し遅めにコロリンがいいかも。

往復ブレスは変則的な動きをするので注意。テオの往復ブレスと同じく、最初に向かって左にコロリンし、帰ってくるブレスを右にコロリンすれば、正面でも回避可能。角度がそれほど大きくないので、すぐに納刀し、早目に距離を縮めれば大きな攻撃チャンスになる。

単発ブレスはバサルの爆発ブレスのように、着弾と同時にコロリンで回避可能。爆発範囲がかなり広いので注意。






8の字ステップ→高速薙ぎ払いブレス
⑴ 軸合わせして、軽く両前脚を持ち上げ、地面に付け前屈みになる
⑵ 反時計回りに前方に飛びかかり★
⑶ 反転して時計回りに元いた場所に飛びかかり★
⑷ さらに反転して薙ぎ払いブレス★(回避タイミング遅め)
⑸ 後方に噴出ダメ★

慣れないと危険な行動。⑵は正面にいなければ当たらないので、⑶と⑷をフレーム回避。⑶で真正面にドゥレムが飛びかかってきても判定は短く、安定してコロリン可能。2連続ステップの後、薙ぎ払いブレスまでに一瞬間が空くので、焦ると⑷を早くコロリンしすぎるかも。

8の字予備動作
両前脚をポポンと地面に付け、頭を下げて身構えたらこれ。予備動作短いので注意。






滞空氷ブレス
⑴ 軸合わせ
⑵ 両前脚を軽く持ち上げ、地面を叩いた後バックジャンプし、そのまま滞空
⑶ 滞空氷ブレス★
⑷ 着地★
⑸ 後方に噴出ダメ★

ターゲットが離れている場合のみ使用してくる。かなり危険な行動。

抜刀時に移動の遅い武器は、モーションを見たらすぐ納刀しないとホーミングしてくるブレスから逃れられない。ドゥレムが壁を背にしている場合は、バックジャンプで距離を取られないので脚元に退避する事が容易。逆にドゥレムが壁を背にしていない場合は、即納刀してダッシュしても回避できない場合がある。壁を背にしていない場合はガンナーであっても鼻先に貼り付いていないといけない。ブレスの最後辺りで被弾しそうならダイブしてもおk。早くダイブし過ぎると被弾する。

脚元に入れたらしばらく安全なので、開眼奥義を使うなり、アイテム使うなり、溜めるなり。

着地の胴体にダメ判定があるので、滞空中の脚を狙うと着地時に被弾するかも。着地後の隙が大きいので、そちらに備えた方が良いかも。滞空中の影より少し前方に着地する。






ジャンプ押し潰し→踏ん張り氷柱
⑴ 軸合わせ
⑵ その場で軽く飛び上がり
⑶ 着地で押し潰し★
⑷ 身を沈めるようにして氷柱突き上げ★

サービス行動。飛び上がりプレスは直感的に回避しやすい。⑷は見た目と違い、近距離にダメージがない。攻撃チャンス。

本来は中距離にいてはいけないけど、もし離れてこの攻撃を出されたら範囲が広いので危険。位置取りで何とかするかダイブ。

押しつぶし
軸合わせ後、唐突に真上にジャンプしたらこれ。






ドラキュラ咆哮
⑴ 翼にくるまる
⑵ 翼を広げると同時に咆哮(ダメなし?)
⑶ 中距離に氷柱(毒柱)突き上げ★
⑷ 前脚着地と共に地割れ★
⑸ 後方に噴出ダメ★

予備動作はドラキュラがマントにくるまってる感じ。

正面扇形状に安置が広がる。側面にいると(3)の氷突き上げがかなり危険。これも位置取りでやり過ごすかダイブ。






極太毒霧ビーム
⑴ 軸合わせなしで、四肢を踏ん張り毒霧を吸う
⑵ 中ジャンプと共に一発軸合わせ
⑶ 着地時に地割れ★
⑷ 前方に極太の毒霧ビーム★
⑸ 後方に噴出ダメ★

覚醒後限定行動。1番危険な行動。離れてる時にタゲられたらダイブするしかない。近ければドゥレムの側面(というか首元)に抜けられるよう、ジャンプしたドゥレムの影の円周上を目標にコロリン。ただし着地の前脚にダメージあるので、着地する前に首元に入ると潰される。着地までにドゥレムにある程度近付いておいて(近付き過ぎない)、着地直後にコロリンで首元〜側面に抜けるイメージ。

自分がタゲなら必ずこちら向きに撃ってくるので側面に抜けやすい。こちらに来ると思って軸をずらした先にメンバーがいて、そちら向きにビームが来ると即死。絶望根性再燃全て無効で本当の即死攻撃。

勘に頼ってコロリンする方向を決めるのではなく、ジャンプしたドゥレムの脚をギリギリまで見て、遅めにコロリンすると良い。(3)の着地後→コロリンで軸ずらし&側面に近付く→(4)の極太ビームの流れ。

これを被弾するメンバーがいると討伐が難しくなる。絶対に予習し、理解しておく必要がある。救出中にこの極太ビームにやられることもしばしば。

最後の後方噴出ダメの後に、めり込んだ両前脚を地面から引き抜く時、ワンテンポ隙ができる。

⑴の予備動作後に極太毒霧ビームに続かず、ちょっとジャンプしてから後述の『大メテオ』の⑵に直接繋がることがある。その場合は地面に地割れが出ない。5回に1回くらい?






大メテオ
⑴ 軸合わせなしで行う時と『部屋の中央に軸合わせしてから』行う時がある
⑵ 真上を見上げて咆哮
⑶ 長時間溜める
⑷ 部屋の中央上空に跳ぶ
⑸ 特大毒メテオ投下・拡散★

2番目に危険な行動。知っていれば回避は簡単。⑵の予備動作は分かりやすいので、よっぽど自信がない限り納刀→ダイブ推奨。

中央のメテオ本体と拡散するダメージとは判定が別。中央にいる場合は本体に当たらないように早目にダイブする必要がある。中央でなければ拡散する欠片に合わせコロリン可能。双剣や穿龍棍は納刀したくないので、コロリン練習すると良いかも。この攻撃の直後はドゥレムは必ず部屋の真ん中にいるので、あえて中央付近でダイブして次につなげるのもいいが、ダッシュ方向に注意。

大メテオ後に4連続突進をする場合が稀にある。






飛びかかり尻尾グルリン
⑴ 軸合わせ
⑵ 2歩バックステップ
⑶ 飛びかかり★
⑷ 反時計回りに尻尾グルリン★
⑸ 毒(氷)結晶形成粉砕(ディス風)★

頻度が高い行動。バックステップされたら必ず距離を詰めるとよい。近くで側面にいれば位置どりで回避できる。正面向かって左で、距離を詰めている/ドゥレムが壁を背にしている場合も回避なしでやり過ごせる。距離を離されてしまった場合は氷結晶に当たらないように向かって左側に回避すればいい。

正面にいる場合は、飛びかかってくるドゥレムの体に突っ込むようにコロリンして向こう側に抜ける。本体にはダメージない?ので正面から飛びかかられても大丈夫。焦って後ろに逃げると結晶に被弾する。

飛び掛り尻尾ぐるりん予備動作
大きめにバックステップしたら『飛びかかり尻尾グルリン』






つらら落とし
⑴ 軸合わせなし
⑵ 両前脚を大きくもたげ、短く「ガオ」と咆哮(テオの粉塵風)★
⑶ 周辺に幾つかツララ(毒液)が降ってくる★

サービス行動。ドゥレム側面ならずっと安全で攻撃し放題。「ガオ」の前脚にダメ判定あり?頭付近に必ず降ってくる。頭狙いなら注意。中距離でも氷柱が降ってくるのは遅く、数も多くない。






3連叩きつけ
⑴ 軸合わせ
⑵ 右前脚を引き、身構える
⑶ 3連猫パンチ叩きつけ(右パンチ→左パンチ→全身)★

意外にも覚醒後限定の行動。

フレーム回避可能だが、比較的ゆっくりなので逆に回避しにくい。特に最後のボディプレスは遅め。追尾性が高く、範囲も広いので、他人がタゲられていて自分には当たらないと思ってもコロリンした方がいい。

この攻撃の途中にいきなり特大メテオに派生する場合あり。






その他
・単発猫パンチ(軸合わせ猫パンチではない)
・単発氷球ブレス
・サイドジャンプ滞空→飛びかかりキック
・空中滑空(クシャ風)






紛らわしい予備動作整理

⑴ 両前脚を上げ軽く地面を叩いた場合

① 『高めに前脚を上げ』地面叩き、ガオと短く吠え、しばらく何もない(テオナナ粉塵風)時は?→『つらら落とし』
② すぐにバックジャンプ滞空(クシャ風)した場合は?→『滞空ブレス』
③ 地面を叩くというより一瞬前脚を上げて、頭を低くして身構えた場合は?→『8の字ステップ→高速薙ぎ払いブレス』
④ 地面を叩いた後、後ろ両脚でドスコイしたら?→『後ろ脚ドスコイ→尻尾ビターン』
⑤ 地面を叩いた後、長めに溜めて床から氷を展開したら?→部屋が凍り付いてなければ『溜め咆哮』、部屋が完全に凍り付いていれば『2連衝撃波』

つまり前脚で地面を叩く予備動作の後、すぐにダメージ判定を出すような攻撃は『8の字ステップ→高速薙ぎ払いブレス』のみ。その場合はすぐに前方にジャンプするので、真正面以外に位置取るようにする。

『8の字ステップ』以外ならば、次の動きを見てからでも余裕を持って対応できる。攻撃チャンスも多い。






⑵ 部屋の中央に軸合わせした場合

① 地面を叩いた後、長めに溜めて床から氷を展開したら?→部屋が凍り付いてなければ『溜め咆哮』、部屋が完全に凍り付いていれば『2連衝撃波』
② 真上を見上げて咆哮し、長めに溜めたら?→大メテオ
③ すぐに中央にジャンプして移動したら?→覚醒

メンバーが多いほど判別しにくいけど、明らかに人のいない方に軸合わせしたら、この3種のどれか。ただし大メテオは軸合わせなしでもやってくる。

いずれの行動にしても、少し攻撃する時間がある。少し攻撃して、『大メテオ』ならば納刀ダイブ、『溜め咆哮』か『2連衝撃波』ならばコロリン回避に備える。






⑶ バックステップ的な事をした場合

①2歩バックステップしたら→『飛びかかり尻尾グルリン』
②半歩バックステップしたら→『回り込みブレス』→遠くまで回り込んだら往復ブレス、近くなら単発ブレス
③右前脚のみ引いて身構えたら→『3連叩きつけ』(覚醒後のみ)

壁際だと2歩か半歩か判別しにくいので注意。

即座に反応する必要があるのは『飛びかかり尻尾グルリン』で、すぐに距離を詰めるようにする。






⑷ ジャンプ滞空的な事をした場合

①その場で唐突に真上に飛んだら→『ジャンプ押し潰し→踏ん張り氷柱』
②地面を叩いた後バックジャンプしたら→『滞空ブレス』
③横に飛んだら→『サイドジャンプ滞空→飛びかかりキック』
④『クシャ滑空』






その他
・尻尾を地面に突き刺した場合→『尻尾突き刺し→尻尾薙ぎ払い』
・翼にくるまった場合→『ドラキュラ咆哮』
プロフィール

Author:yuuuuui


MHF歴
July 15,2012~

PC鯖
猟団「かふぇノミクス」団長

全GSR999
全MM250完
ハンターナビ完
ハンターキャリア完


・進化武器
真大蛇ノ鎚【煌然】Lv100
舞撃迅銃剛雷【絢爛】Lv100
真大蛇ノ軽弩【玲瓏】Lv100
真大蛇ノ大蛇【玲瓏】Lv100


・秘伝珠 (白,黒,赤,青)

片手      真(1,1,0,0) (3,3,3,3)
双剣      真(1,1,0,0) (3,3,3,3)
大剣      真(0,0,0,3) (2,2,2,2)
太刀      真(1,0,0,1) (3,3,3,3)
     真(1,3,0,1) (0,0,0,0)
     真(1,0,0,2) (2,2,2,2)
     真(1,0,0,4) (0,0,0,0)
銃槍      真(1,0,0,3) (1,1,1,1)
     真(2,0,0,0) (3,3,3,3)
剣斧      真(0,0,0,0) (5,5,5,5)
軽銃      真(3,0,0,2) (0,0,0,0)
重銃      真(0,3,0,2) (0,0,0,0)
     真(5,0,0,0) (2,0,0,0)



・不退珠
ラヴィ剣珠GX2 1個
ラヴィ剣珠GX4 1個
ラヴィ射珠GX2 5個
ラヴィ狂剣GX2 1個
ラヴィ狂剣GX5 2個
ラヴィ狂射GX2 2個
ラヴィ狂射GX5 2個
ラヴィ猛剣GX1 2個
ラヴィ猛射GX1 1個
ラヴィ猛射GX5 1個

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
カウンター
今まで見に来てくださった方は
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
モンスターハンター
25位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム